2011年09月21日

ペイ・フォワード実践編。

小雨降る中、傘を差してお通夜へ向かう



式場より、道路一本&交差点一つを経た駐車場に車を停め、式場へ向かう
交差点で後ろより妙齢のご婦人が傘も差さずに歩いている
見ないフリをしようとも思ったが、全身ジェントルなワタクシにそのようなご無体な振る舞いができるはずもなく、抗い難い善良なる衝動に敗れ、うやうやしく傘を差し出した

ワタクシ:「どうぞ」
ご婦人:『いえいえっ。そんな…』
ワタクシ「どうぞどうぞ。同じ場所へ向かうのですから」
ご婦人:『あ、はい。では…』

ハニカみながらワタクシの傘の中へ入ってくるご婦人
2、3言会話を交わし、式場入口付近で一度分かれるも、屋外にとてつもなく長蛇の列ができていた
ワタクシは踵を返し、再びご婦人を傘の中に招き入れる

『どちらからですか??』『道は混んでいましたか??』等々、話し掛けていただく
その後、式場のスタッフが傘を配っていたので一本いただき、ご婦人に手渡す

それ以降は、お互い会話を交わすこともなく粛々と列を進む

入口へ到着
スタッフに傘を返すご婦人
駐車場の場所を尋ねるとワタクシと同じ場所であったので、「では、帰りも一緒に行きましょう」とお誘い申し上げる
『ありがとうございます…』とハニカむご婦人
続けて、『私、今日は主人の代理でお参りさせていただいてまして…』と鞄から名刺を取り出すご婦人
「はい」と相槌を打ちながらその名刺を覗き込んでびっくり仰天したワタクシ

その名刺には、ワタクシが大変お世話になっている方の御芳名が書かれているではないか

慌ててワタクシも名刺を差し出す
互いに改めて丁重なるおじぎをする

もし帰り際に名前でも聞かれようものなら名乗らずにただ一言「次の機会にはどなたかを傘に入れてあげて下さい」と言うつもりであったが、何と人生とは数奇なものであるか

式場からの帰り道は、お互い既知の間柄の様に駐車場へと向かったのであった

いつの時も気は抜いてはいけないものである


同じカテゴリー(雑記)の記事画像
新年度。
温故知新。
結団。
勝負スウィーツ。-其の四-
真夏の祭典。
積み上がってきたモノ。
同じカテゴリー(雑記)の記事
 新年度。 (2012-04-01 19:00)
 温故知新。 (2012-03-13 23:10)
 結団。 (2011-09-12 23:53)
 勝負スウィーツ。-其の四- (2011-08-05 23:51)
 真夏の祭典。 (2011-07-30 22:11)
 積み上がってきたモノ。 (2011-07-17 14:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。